Rss

フリーエンジニアの活躍と仕事の張り合い

企業への勤め人が活躍する場面というのは、企業が求めている仕事をしてその売上げや業績を上げるのに貢献することができた場面であって、非常にわかりやすいものである。
そのため、企業が必要としている技術を身につけて求められることに応じて仕事をしていけば、安定した収入を得て生活していくことができる。

しかし、そこから独立してフリーエンジニアとなった場合には、何を活躍とするかを定めるのは難しい。
誰に対する活躍かということによって様々な場面が想定されるからである。
企業からの依頼を受けて、それを予定通りにこなすことができれば、それは企業に対する活躍としてはもっともなものとなる。
また、高額報酬の案件を達成して大きな収入を得たら、それは家族にとっての活躍と言える。
エージェントから引き受けた依頼が実は他の人材に担えないものであると、それを遂行することはエージェントにとっての活躍となる。

このように、フリーエンジニアが活躍できる場面は多い。
活躍によって自己の存在意義を主張することができるが、同時に多くを求めることは難しく、自分の中でランキング付けを行うことが重要である。家族を最優先し、次に企業とするというようなランキング付けを行って、期待される活躍度を指標に仕事を請け負っていくと、その仕事の遂行に張り合いがでるようになる。
するとさらに精力的に仕事に従事できるようになり、結果的にフリーエンジニアとして成功の道を進めるようになるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です