Rss

フリーエンジニアの将来性とスキル

企業から独立してフリーエンジニアになることによって、将来性が高まるかどうかはどういったキャリアパスを考えて仕事をしていくかに大きく依存する。
独立した時点で仕事が多数請け負えるようなスキルを身につけていたとしても、わずか数年後にそのスキルは誰もが持っているものになってしまって、役に立たなくなることすらあるのがIT業界である。
そのため、常に視線を近い将来に向けて新しさを追求していかなければならない。

フリーエンジニアが人材として将来性があるか否かとは、将来性の高いスキルや知識を身につけていけるかどうかにかかっている。
その観点において時代に乗り遅れないためには、IT業界における最新のトレンドについての情報を常に手に入れていく必要がある。
企業においてはそういった情報共有が同僚とともに行うことができたり、広報担当が社内に向けた情報提供をしてくれたりするため、普段から容易に最新情報に触れていくことが難しくない。

しかし、フリーエンジニアとなると自分からそういった情報を探しにいくことが不可欠である。
ニュース記事や企業のプレスリリース、学術論文等に一通り目を通していくのも良い方法であるが、スキルや就職分野に関する人気ランキングを利用してトレンドを推し量るというのもまた一計となる。
人気は世の中のトレンドを反映しているため、ランキングの上昇は需要の高騰を、ランキングの低下はトレンドが過ぎ去ったことを示しているからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です